ヒビキスパイス
製品開発
ホーム
会社情報
取扱商品
製品開発
お問い合わせ
製品開発
メッセージ
採用情報
品質管理
サイトマップ
プライバシーポリシー
製品開発は開発部門だけでできるものではありません。各セクションの協力があって初めて実現できるものです。ここでは、各セクションの代表者が製品開発についてそれぞれの思いを語ります。
新製品をプロデュース
新しい原材料を求めて
新開発は未知の世界
開発課と二人三脚
未知なる開発への挑戦
開商品開発にあたり、私たち営業部として、お客様が何を求めているのか、お客様に何をどう提案できるかを考える事がもっとも大切な事だと思っています。
その為には、まず己を知ること(工場設備や供給量、原料、品質、安全性)、さらに各部署とのコミニュケーションを充分に取りながら、より良い商品をご提供することでお客様との架け橋になれるよう日々努力しています。
現在にんにくやしょうがは中国から輸入していますが、今後はその他の地域も視野に入れたいと思っています。色々な地域の食材を知ることと、それをどんな風に使っているのか。広い視野で市場を見ることで新しい製品開発のヒントが得られるのではないかと思っています。原材料の確保だけではなく仕入れという仕事を通じて新製品になる可能性を持つ食材を探す。とても面白い仕事だと思います。
私たちの仕事は、開発された製品が安全であるかを様々な角度から検証することです。使用原材料の内容や配合について問題がないかのチェック(食品添加物やアレルギー成分、栄養成分の確認)、製品の保存性の確認(検査により)、工場の衛生管理など全ての安全が確認できた上で初めて、製品としてお客様の元へお届けする準備が整うのです。責任重大な仕事ですが、これからも安全な製品を世に送り出せるよう開発部門をバックアップしていきたいと思います。
製品開発における製造部門の喜びと言えば、やはり自分たちの作った製品が世に出ることではないでしょうか。製造部門は、開発課から上がってきた試作品を実際に製造ラインで生産することができるかどうか、またそれが量産できるものなのかどうかを開発課と二人三脚で繰り返し検証していきます。製品によっては1年以上検証を繰り返すこともあります。それだけに、実際に商品化された時の達成感は、言葉では言い表せないほど素晴らしいモノです。
辞書によれば、開発とは「新しい技術や製品を実用化すること」とあります。実用化するためには、ただよい味を作り出すだけではなく、ユーザーのニーズについて営業部と協議したり、生産方法について工場でテストを繰り返したり、食品の安全面についてなど、分野を超えてあらゆる可能性を考慮します。言い換えれば、小さなコラボレーションであり、個々の力では為し得ない仕事です。これらを経て作られる、幾数もの試作品のうちから唯一のプロトタイプ(原型)が生み出され、やがて商品として大量に作られ、日本中に送り出されていく・・・開発の場とはまさにものづくりの原点です。そのような原点の位置から、食味豊かなスパイスを世に提供し、皆様の日々の食卓を彩るお手伝いをさせて頂こうと考えております。